backtotop

隣の子供がうるさいというのは、隣の大人がうるさいというのより厄介な問題です。

というのは、うるさいのが大人であれば「静かにして」と言えば分かってもらえることが期待できますが、うるさいのが子供だと、まず親に言って、叱ってもらって、その場では収まっても、またどうせ騒いでしまうからです。。

これは、その騒いでいる子供が悪い!とも言えるのですが・・・根本的な問題点は賃貸住宅の構造です。

簡単に言ってしまうと壁が薄いのです。コスト削減で。

なぜコスト削減して壁を薄くしてしまうのか!というと・・

の薄さが気になるのって入居した後なんですよね。

内見の時点で、どのぐらい隣の音が聞こえるのか、隣の人は最大でどのくらい騒ぐ可能性があるのか・・・なんていうことはまず分かりっこありませんから。

だから、貸す方としては壁が薄いことはあまりデメリットにはならないんです。非常に腹立たしい話ですけどね。

そうすると、私たち借りる側がかしこくお部屋選びをするしかありません。

 

そこで、実は、入居前に隣の音がどれほど響くのか、隣の人は最大でどのくらい騒ぐのかを確認する方法があるんです。

それは、実際に隣の人に思いっきり騒いでもらうことです。

でも、これをやってもらうには、不動産屋さんの協力が不可欠です。

内見に行って、その場で担当者に言ってもたぶん無理でしょう。第一その時間にちょうど隣の家族がそろっているなんて都合のいいことはまずないですしね。

なので、事前に担当者に時間を調整してもらうなどの工夫が必要です。

でも、そんなの出来るかどうかは担当者の力量しだいです。

だからといって、そういうお願いの出来る担当者を探して多数の不動産屋を探して回ったのでは、いくら時間があっても足りません。

そんな時便利なのが、不動産屋に来店する前に複数の担当者とチャットで相談できる賃貸サイトです。

電話の手間さえなく、ネットでパパッと要望を投げられますし、しかも多数の担当者に相談できるので、最終的にこの人はやってもらえそうだな!という人とだけ会えばいいので、足労は1度だけで済みます。

これはかなりの時間と手間の節約になるし、安心して入居できる可能性が高まるので隣の音に困っている人は、こういったサービスを試してみるといいと思いますよ。

▼事前に複数の担当者とチャットで相談できる賃貸サイト▼
ietty

 

隣の部屋に若い夫婦と小さな子供の親子が引っ越してきました。

それまで1年以上空き部屋になっていて平穏な生活でしたが環境が一変しました。

引っ越してきた頃はまだ子供がハイハイすらできなくそれほど生活音は苦になりませんでした。

それでも親の足音やドアの開け閉めはかなりうるさく感じました。

母親は大学まで田舎暮らしだったらしく共同生活は初めてのようでした。

逆側のお隣さんも生活音に苦痛を感じていたらしくよく愚痴を言ってました。

ある日あまりにも足音がうるさかったので軽く注意しました。注意して暫くはマシになった感じもありましたがすぐに元に戻ってしまいました。

そして半年が過ぎた辺りでしょうか、子供が少し成長してくるととにかくバタバタうるさい。

物を壁にぶつけたりして、とても我慢できる音ではありませんでした。子供がうるさいのは当然ですが、全く注意する気配がない親に腹が立ちました。

限界を超えたので前回の足音に続く2回目の注意をしましたが、今回も最初だけマシになりましたがすぐ元通りに。

逆側のお隣さんと一緒に3回目の注意をしましたが、その時も前回・前々回と同じく最初だけマシになっただけでした。

これだけ言っても改善しないと解決策はどちらかだ引っ越すしかなと思いました。

ストレスで体調を崩してしまいこれ以上は無理だと思い私が引っ越しました。

近所には小さな子供がいなくて静かな環境。難しい問題ですが引っ越してくるなら小さな子供がある程度いる場所を選ぶべきではないかと思います。